妊娠のしくみ

妊娠は性交すれば簡単にできると思っている人もいるかもしれませんが、実はさまざまな条件が揃って、はじめて可能になるものなのです。

 

妊娠するためには、女性のホルモンバランスが重要です。
性交しても、女性の子宮内に成熟した卵子が準備されていないと、精子と受精できないので、妊娠することができません。
成熟した卵子が準備できているのは、排卵が起こっている間で、この間に精子と出会えば、受精することができます。
ですから、女性は排卵が起こっている期間を把握しておく必要があります。

 

そして、無事受精すると、7〜10時間程度で卵子の核にある女性のDNAと精子の核にある男性のDNAが融合して受精卵が完成します。
受精卵は、次々に細胞分裂をしながら成長し、子宮へと送られ、女性の生理周期に作られた栄養たっぷりの子宮内膜に定着します。
この現象が「着床」と呼ばれるもので、ここで初めて妊娠が成立したと言えます。

 

このように、女性の子宮内でしっかりと生理周期によって子宮内膜の環境が整えられて、排卵によって健康な卵子が作られて、精子と出会い、子宮に定着するまでの流れが完了しなければ、妊娠することはできないのです。

 

子宮内膜の良い環境や元気な卵子を作り出すためには正常な生理周期がポイントとなります。
簡単な登録をするだけで使える、生理日予測・排卵日予測ができるサイトやアプリを利用して、自分の生理周期をしっかり管理しましょう。