基礎体温でわかること

女性のからだは、約28日の女性ホルモンのサイクルに合わせて、体温の変化が現われます。
一般的に、女性の場合、ホルモンサイクルの変化に伴う体温は「基礎体温」と呼ばれており、自分のホルモンサイクルをつかむ目安となります。

 

基礎体温を計測・記録することで、今現在のおおよそのホルモンサイクルの段階がわかります。
通常、妊娠のために必要な排卵がある人の基礎体温は低温期と高温期が約2週間ずつあります。
排卵日を境に低温期から高温期に切り替わりますから、基礎体温を計測していると排卵日がわかりますし、継続して記録しておくと、次の排卵日の予測ができます。

 

一般的に最も妊娠しやすいのは排卵日と言われており、さらに卵子と精子の生存期間の目安である約10日間程度が妊娠可能期間となりますから、基礎体温が低温から高温に移る排卵日をつかんでおけば、妊娠の計画が立てやすいと言えます。

 

高温期の日数は14日間前後でほぼ一定という特徴があるので、排卵日を目安にすると、生理が始まる時期を予測することが可能です。
つまり、高温期に入っておよそ14日後に生理になると考えれば良いわけです。
また、高温期から低温期に切り替わるときは、生理が始まる目安になります。
体温が下がっていたら、生理の準備をしておくと良いでしょう。